海外旅行中のiPhone修理

​海外旅行中にiPhoneやスマホが故障しても、海外の修理屋さんでの修理はおすすめしません。

海外の修理屋さんでの修理はおすすめしません。更に壊されてしまう場合や部品を抜き取るなどの事例があるようです。使いたいのに使えない状況ですが、日本へ持ち帰ってから修理をしましょう。

日本へ持ち帰って修理した場合、メリットがあり海外旅行保険の携行品補償が適用されます。

保険の必要書類についてもiPhone修理店にお任せください!故障したiPhoneやスマホの修理と書類作成をサポート致します。

 

※ご利用のクレジットカード、保険会社によって補償が対象外となるところもあります。補償が適用される保険かどうか、予めご確認ください。

海外旅行中、iPhoneやスマホが水没! 落としてガラスが割れてしまった!

そんな時はiPhone修理屋にお持ちください。

海外旅行中にiPhoneやスマートフォンが故障してしまったら

 

iPhone水没後、そのまま使っていたら、iPhoneの電源が切れて使えなくなってしまったという事例が多数あります。

水没後はたとえiPhoneが使えていたとしても、すぐに電源を切って充電をせずに修理店にお持ちください。

hason.jpg
suibotsu.jpg

万が一iPhoneやスマホが盗まれたら、まず何をすればいい?

海外旅行中、スリや置き引きなどでiPhone,スマートフォンが盗難の被害に遭ってしまった場合は

速やかに以下の行動と取ることをお勧めします。

  • 念の為位置情報を確認してみる。iPhoneの場合はPCのiCloudへログインできれば、iPhoneの位置を確認することができます。

  • Softbank,au,docomoなど、携帯電話会社やアプリ等が提供している遠隔ロックサービスを利用し、データを消去しパスワードロックをかけることで不正利用や悪用を防止することが可能です。

  • 各キャリアに連絡、または管理画面にログインして、通信回線の停止手続きを行い他者の利用を防止します。

  • 現地の警察に立ち寄り、盗難届を出す。こちらの届け出は後日海外旅行保険の申請に必要となる場合がありますので大切に保管してください。

海外旅行保険の携行品補償を利用して保険金を請求するには?

帰国後は、速やかに加入している保険会社に必要な書類を提出して、保険金を請求しましょう。

 

【携行品補償の保険金請求で必要な書類】

 

・事故証明書、盗難届(盗難事故の場合)

盗難された事実を証明する書類になります。現地の警察でもらう盗難届等がこれにあたります。

 

・iPhoneやスマートフォンを購入した時の領収書や保証書など

盗難に遭ったiPhoneやスマホが、所持者の所有物であることを証明するための書類になります。

 

・修理にかかる見積書または修理の領収書

(故障の場合のみ必要)
 

※保険会社によってはパスポートのコピー等が必要な場合もあります。

詳しくは加入されている保険会社にお問い合わせください。

 保険金の請求に必要な書類作成は当店にお任せください!

当店では、iPhoneやスマートフォンを海外で盗難に遭ってしまった方・故障してしっまった方のために、海外旅行保険の携行品補償の申請の際に必要な書類作成のお手伝いをさせていただきます。

 

修理前のお見積り段階でも修理不可証明書も発行することが可能です。

お気軽にご相談ください!

店舗一覧

dataiko.jpg
platina.jpg
softbank.jpg